ご挨拶

製販一体となって、日本のサイクルスポーツ文化を育みましょう。

少子高齢化が進むわが国において、健全な健康・レジャー志向の高まりを背景に、スポーツ用自転車市場はわが国自転車業界にとって将来的に有望かつ重要なマーケットであると考えられます。
しかしながら、わが国のスポーツ用自転車は、欧米先進国に比べ健康・レジャーと して利用する歴史がまだ浅く、更にスポーツ用自転車全体を包含する安全基準がわが国にはないことから、このままでは、粗悪な自転車が出回ることを許し、ひいてはスポーツ用自転車への利用者の信頼を損ねることになりかねません。
また、販売者の皆様は、スポーツ用自転車を取り扱い、利用者の方々にスポーツ用自転車の乗り方、楽しみ方など様々な情報を伝えておられるにもかかわらず、販売者の技量に関する情報が利用者に明示されていません。
以上のことから、利用者の立場に立ったスポーツBAAマーク制度を2007年10月よりスタートいたしました。本制度は、一般社団法人 自転車協会が定めるスポーツ用自転車安全基準に適合した自転車に製造・輸入事業者がスポーツBAAマークを貼付し、また、販売者の方で一定の資格要件を満たし、かつ当会主催の講習会修了後試験に合格した人にスポーツBAA PLUSの資格を付与し、自らスポーツBAA PLUSマークを貼付する制度であります。
本制度は、利用者がスポーツ用自転車を購入する際は、その品質と販売者の技量に関する目安を得ることができ、ひいては安全・安心で楽しいスポーツ用自転車の供給と同市場の健全な普及・発展に資することを目的としており、自転車業界を挙げて推進してまいりますので、皆様のご理解と本制度への積極的なご参加をお願いする所存です。

一般社団法人 自転車協会 理事長 渡辺 恵次

ページトップへ