初めてのスポーツバイク購入~その楽しみ方~競技参加まで

栗村修(くりむら おさむ)
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でTV解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界にいざなう。現在はツアー・オブ・ジャパン大会副ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

栗村 修 ブログ 【しゅ~くり~むら】

1.まずは栗村さんからみたスポーツバイク全般の魅力を伺いたいのですが?

 自転車は本当に魅力いっぱいなのですが、あえて上げるとなると、やはり健康でしょうか。他のスポーツと比べて、長時間、長期間にわたり運動を継続しやすいというメリットがあります。それは関節に掛かる負担が非常に少ないからです。乗り物に乗ることで、運動中に体重がサドル、ハンドル、ペダルに分散しています。一方で他のスポーツだと、体重の負担が関節などに集中し、また前後左右にかかってしまいます。自転車だと基本的なアドバイス後、セッティングがなされた自転車であれば、休憩を入れながらであれば、半日くらい走ることも可能なんですね。それが1日置きとか2日置きとかでも続けられる。継続性が非常に高いのです。そして多くのカロリーが消費されるのでダイエット効果だったり、成人病のたぐいの改善、血液の数値の改善等に結びつきます。そして長時間の有酸素運動をすることになるのです。それと旅の要素もあります。30分もあれば自転車の場合、休み休みに走ったとしてもある程度の距離を移動できます。体力がつけば100キロという距離も十分に移動可能になってきます。いろいろなコース取りのバリエーションも増えますし、その圏内には美味しいレストランや綺麗な公園もあるかもしれないし、行動範囲が拡がり、目的地も増え、行きたい場所に行くことができ、その行為自体が有酸素運動との相乗効果になります。

2.スポーツバイクを始めてみたい、購入したいと考えている方が増えてきていますが、初めての購入する時のポイントなどありますか?

 スポーツバイク全般、特にロードバイクでは幾つかのリスクがあります。まずは破損リスクです。スポーツバイクは繊細な機材なので、転び方によってはフレームごと壊れてしまう可能性があって、そのリスクを考えると個人の差はあるでしょうが、万が一壊れてもあきらめやすいような価格帯のものを最初は選んだ方がよいのかと思います。
 あとは盗難リスクです。結構、私の周りにも盗難に遭い、スポーツバイクの世界に入ったのに遠ざかってしまう人がいますので。
その二つのリスクを考えるとビギナーの方は手ごろな価格帯がいいのかなと思います。
 ただし手ごろな価格帯の製品には意外な落とし穴があって、良い製品もあるでしょうが、安かろう悪かろうというものがあります。
 ある程度の価格帯になれば、フレームやコンポーネント等一般的に信頼性の高いブランドの製品を使っていたりするので、組み付ける方の腕がよほど悪くなければ性能とか耐久性はある程度担保されると思います。かなり安い価格帯のものは僕がみてもどこのメーカーだろうか?というようなものもあります。安い価格帯の製品は信頼できるメーカーやショップであったり、何か安心の指標になれるものが欲しいと思いますね。

3.自転車を購入した後、その後は何が必要でしょうか?また、ショップとの付き合い方等に関するアドバイスをお願いします。

 順番だと、まず安全器具が最優先で必要です。それとメンテナンス系のツールですね。ロードバイクのようにタイヤが細い自転車だと、やはりパンクリスクが高いですから。チューブ交換くらいは自分でできるようになってから路上に出て欲しいと思います。僕がロードバイクで路上にでるときに、これを持っていないと出れないのは、ヘルメットとグラブ、交換用のチューブ、ポンプ、それと小さい工具のセットですね。最低限これらがあれば、とりあえず何とかなるかと思います。
 長くスポーツバイクに関わっていく中で、自分でできる手入れなどは増えていきますが、最初は交換、調整、点検などの言葉が付く作業などはプロショップ、ショップに任せるという概念を持っていた方がいいです。点検に関しては日常点検は自分で。半年に一回くらいの定期的な整備はショップでやってもらうべきだと思います。
 スポーツバイクのすそ野が広がってくると、やはり必要になってくるのが、購入後の安全を担保する指標や制度。現時点で初心者の方に一番アプローチできているのがスポーツBAA(SBAA)マーク制度だと思います。ユーザー側にとってお得なサービスなので使わない手はない。技術的なことはもちろん、走る場所、走り方、運動生理学などの多岐にわたる知識やノウハウが蓄積されるのがSBAAプラス。メカニックという表現を超えてサイクルトータルアドバイザー的な位置づけでもあると思います。それとSBAAプラス認定店では定期点検の際に記録簿の作成を始めましたので、ユーザーの自転車コンディションというものを定期的に記録していけます。

4.場所や乗り方など、初心者の方は、どのようにスポーツ自転車に楽しみ、慣れて行くのが理想的ですか?

 走るための準備ができ、初めて実際に路上に出た時、感じるのは路上を走るダンプ等の車両や排気ガス、信号とか、身体的には2、3時間走れても、ココロ的には15分くらいで帰ってきたくなっちゃいますよね。走る環境は自転車を趣味として継続していくうえですごく重要な要素です。都心部は走る環境において、やはりハンデがありますね。ただ河川敷のサイクリングコースとか一般道でも走りやすい道があったりするので、そういう情報を初期段階で入手して、走るという行為を始めると継続性に繋がっていくと思います。それとショップがレーシングチームやクラブチームを持っていたり、休日のサイクリングイベントなどを行っていたりします。ショップを中心にして仲間を見つけると、メカやパーツ的な知識、走る場所、走り方の知識などいろいろな広がりができてくると思います。
 それとショップの方のアドバイスと同じく、ユーザー同士のアドバイスもあります。仲間同士の横のつながりはもしかしたら、ショップ以上に大事かもしれません。自転車を継続していくうえで、仲間という存在はかなり大きなウエイトを占めると思います。一緒に走りながら、実践の中で学ぶというのは一番身に付くし、大切です。

5.自転車に慣れてきた所で「競技に参加したい」と考える方も多いと思います。初心者の方が参加できる自転車の競技の中で、参加しやすい大会はどのような大会でしょうか?

 スポーツバイクの競技イベントって、すごい危険なのです。おどかすつもりではありませんが、イベントの種類や状況によっては命にかかわることもあるので、まずはしっかりと認識して頂きたいと思います。最初はリスク度の低い種類の競技から、参加することをお勧めします。リスク度の低さが楽しさとリンクしているのかなぁという感じもしますし。最近ではロングライドイベントというのがよく開催されています。これは一般公道を止めることもなく、交通ルールの中で走るイベントですね。ロングライドという名称の通り、長い距離を走り、結構ロケーションのいい場所で行われます。自治体が主催となって観光地で開催するイベントが結構人気で、美しい自然や美味しいもの、温泉などがあり、とても楽しめます。ロングライドですから丸一日、駆けて走って、峠も越えて、大自然を満喫して、美味しいものを食べて、温泉に浸かり、仲間と語るなど、これはもう言うことないくらい幸せですね。

【栗村さんよりコメント】
スポーツバイクを楽しむために、自転車を買った段階では、まだスタート地点には立てていません。やはり意識、ノウハウ、これが伴わないといけません。これらをいち早く探して、身に着けて欲しいです。正しく簡潔にアドバイスをしてくれる人を探してみてください。また短時間で確実な第一歩、スタート地点に立つためにはSBAAプラスのショップに行って、日常点検などの知識を得るのも一つの手段です。本当の意味でのスタート地点に立てるように、ハードとソフト、この両面を最低限しっかりと身に着けてスポーツバイクを楽しんでください。

この人に対するQ&A

    自転車のスゴイ人バックナンバー

    フローラン・ダバディさん

    フローラン・
    ダバディさん

    宮澤崇史さん

    宮澤崇史さん

    池田清子さん

    池田清子さん

    髙石鉄雄さん

    髙石鉄雄さん

    団長安田さん

    団長安田さん

    栗村修さん

    栗村修さん

    一覧はこちら

    自転車ライフをサポート「自転車Q&A

    自転車・アイテム選び

    詳細はこちらを見る

    メンテナンスの基本

    詳細はこちらを見る

    交通ルールとマナー

    詳細はこちらを見る

    レース・トレーニング

    詳細はこちらを見る

    食べもの・フィットネス

    詳細はこちらを見る

    自転車あれこれ

    詳細はこちらを見る

    楽しさいろいろ「厳選サイクリングコース

    PICK UP

    さわやかな潮風と瀬戸内海の島々が彩る
    “サイクリストの聖地”
    しまなみ満喫 今治~尾道

    日本で初めての、海峡を横断する自転車道「瀬戸内海横断自転車道」。

    詳細はこちらを見る

    美しい緑の森と清流が織りなす、十和田湖グリーンロード

    旧筑波鉄道の線路跡を活用したサイクリングコース
    つくば霞ケ浦りんりんロード りんりんロードコース

    美しい浜名湖の波打ち際を走る浜名湖一周
    ライドハマイチコース

    一覧はこちら

    見ながら覚える「メンテナンス動画

    PICK UP

    ①チェーン周りの清掃

     スポーツ用自転車のチェーン周りは、走りを支える重要な駆動部分ですが、最も汚れやすいパーツのひとつです。

    詳細はこちらを見る

    一覧はこちら