ロードバイク乗車時の体重分配方法は? レース・トレーニング

 クロスバイク歴1年を経て、ロードバイク歴1年になった初心者です。ロードバイクのサドルを交換してから自分なりにポジション調整を繰り返していますが、乗車時の体重分配について最近疑問がわいてます。
・ペダルよりサドルに体重を乗せる
・サドルよりペダルに体重を乗せる
 前者は脚を休めてラクに巡航する際、後者は加速時など脚に力を入れる際の分配方法という勝手な解釈をしていますが、実際のところベストな体重分配方法というのはどの様なものなのでしょうか?(40代/男性)
 ペダルよりもサドルに体重を乗せるとお尻が痛くなりわかりやすいのですが、サドルよりもペダルに体重を乗せるというのは、なかなかわかりづらい動きですよね。サドルを取ってしまえば必然的に体重はペダルに乗るので、割合はわかりやすくなるかもしれません。あるいはサドルとペダルに計測器をつけて、走りながら加重のログを取ることができれば良いのでしょうが、どちらの方法も現実的ではありません。
 なぜこのような体重配分の質問が出るかというと、多くの人がそう言っているからでしょう。でも、じつはその語っている人たちもどのくらいの配分で乗っているかなんて、正確にはわかっていないのです。感覚的にはこんな感じと、思っていることを言葉にすると、そういう言い方になるんですね。
 なので、私から言えるのは、ベストの体重配分もありませんし、方法もありません。ただ、自転車に乗り慣れている人は巡航する際も、加速する際もほとんど同じように走っています。ロードバイク歴1年という質問者さんが、これからバイクを上手に走らせるスキルを獲得する上で、コーチングというものは一度受けてみるのも良いかもしれません。

その他のQ&Aを探す

自転車・アイテム選び

詳細はこちらを見る

メンテナンスの基本

詳細はこちらを見る

交通ルールとマナー

詳細はこちらを見る

レース・トレーニング

詳細はこちらを見る

食べもの・フィットネス

詳細はこちらを見る

自転車あれこれ

詳細はこちらを見る

楽しさいろいろ「厳選サイクリングコース

PICK UP

千葉・南房総をたっぷり満喫
高速バスで行く週末自転車旅(千葉)

温暖な気候で、海を眺めながらサイクリングが楽しめるとあって人気のサイクリングスポットとなっている千葉の南房総。

詳細はこちらを見る

伊豆大島の自然と歴史を満喫 チャレンジ 大島一周道路コース(東京)

別府、大分の市街地を抜ける爽快な海岸ライド
Cycling OITA・別府湾岸・国東半島海べの道(大分)

3つの浅間神社と世界文化遺産・富士山の精神に出会える
やまなしスポーツツーリズム 構成資産を巡るコース(山梨)

一覧はこちら

見ながら覚える「お役立ち動画

PICK UP

動画でわかる!スポーツ用自転車のキホン
①ヘルメットの正しいかぶり方

 スピードが出るスポーツ用自転車に乗るとき、ヘルメットは必須ともいえるアイテム。

詳細はこちらを見る

一覧はこちら