自転車のサイズの見方を教えてください 自転車・アイテム選び

 自転車のサイズの見方を教えてください。表記がマチマチで今ひとつよく分からないです。
 スポーツ用自転車にはひとつのモデルで複数のサイズが用意されていることがほとんどですが、そのサイズ表記はメーカーによってまちまちです。「430」や「510」といったような数字で表記していることもあれば、「S」や「M」などと表記されていることもありますし、両方が表記されているケースもあります。自転車のサイズは、SやMといった表記よりも、数字表記のほうを参考にしたほうがよいでしょう。また、あるメーカーで「430」や「S」といったサイズがぴったりだったからといって、他メーカーの自転車も同じサイズ表記で大丈夫かというと、そうではありません。

 自転車メーカーのカタログにはサイズ表が掲載されているので、まずはそれを見るのがいちばんです。数字で「430」といった場合、どこからどこまでが430mmなのかを、その表で確認できます。一般的には「シートチューブ」と呼ばれる部分のサイズを表しています。しかし、フレームの上辺にあたる「トップチューブ」が地面と水平な「ホリゾンタルフレーム」と、後ろ下がりの「スローピングフレーム」では、単純な比較はできません。また、フレームサイズはシートチューブだけではなく、ハンドルの遠さや高さなども重要です。

 結局のところ、サイズ表記を見るだけではなく、跨ってみないとぴったりなサイズを選ぶことはできません。ぜひ、お店で聞いていただきたいです。

回答者: 杉本郁夫(カメダサイクルセンター八丁畷店)

 川崎駅近くに2店舗を構えるカメダサイクルセンター。八丁畷駅至近の国道15号沿いにあり、スポーツサイクルの販売やショップチームの運営を行っているのが、「SBAA PLUS」認定者在籍店の八丁畷店。スポーツ用自転車の初心者でも安心なアフターフォローや丁寧な説明を心がけている。2008年にSBAA PLUS認定者となった店長の杉本郁夫さんは、若い頃に日本一周サイクリングをしたいがために当時勤めていた会社を退職。日本一周を果たした後に、たまたまスタッフを募集していたカメダサイクルセンターに入社したという、根っからの自転車好きだ。

カメダサイクルセンター

その他のQ&Aを探す

自転車・アイテム選び

詳細はこちらを見る

メンテナンスの基本

詳細はこちらを見る

交通ルールとマナー

詳細はこちらを見る

レース・トレーニング

詳細はこちらを見る

食べもの・フィットネス

詳細はこちらを見る

自転車あれこれ

詳細はこちらを見る

楽しさいろいろ「厳選サイクリングコース

PICK UP

千葉・南房総をたっぷり満喫
高速バスで行く週末自転車旅(千葉)

温暖な気候で、海を眺めながらサイクリングが楽しめるとあって人気のサイクリングスポットとなっている千葉の南房総。

詳細はこちらを見る

伊豆大島の自然と歴史を満喫 チャレンジ 大島一周道路コース(東京)

別府、大分の市街地を抜ける爽快な海岸ライド
Cycling OITA・別府湾岸・国東半島海べの道(大分)

3つの浅間神社と世界文化遺産・富士山の精神に出会える
やまなしスポーツツーリズム 構成資産を巡るコース(山梨)

一覧はこちら

見ながら覚える「メンテナンス動画

PICK UP

①チェーン周りの清掃

 スポーツ用自転車のチェーン周りは、走りを支える重要な駆動部分ですが、最も汚れやすいパーツのひとつです。

詳細はこちらを見る

一覧はこちら