「ツールの国」のスポーツジャーナリストが語る、フランスと日本の自転車文化

フローラン・ダバディ さん
1974年パリ生まれ。パリのINALCO(国立東洋言語文化学院)日本語学科で日本語の学位取得。1998年に来日し映画雑誌『プレミア』の編集に関わる。99年から02年までサッカー元日本代表トルシエ監督の通訳・アシスタントを務める。サッカーのほかテニス番組のナビゲーターやサイクルロードレース番組でゲストを務めるなど、スポーツジャーナリストとして活躍。フランス大使館のスポーツ/文化イベントの制作に関わる。言語はフランス語、英語、日本語(イタリア語、スペイン語会話)。
オフィシャルサイト「Dabadie.TV」(http://dabadie.tv/

1.フランス人にとって世界最大のロードレース「ツール・ド・フランス」はどういう存在ですか?

 フランス人がスポーツである以上に文化だと感じているフランスの2大スポーツイベントはローラン・ギャロス(テニスの全仏オープン)とツール・ド・フランスだと思います。ラグビーやサッカーも人気があるけれど、多くがケーブル放送になって、代表戦くらいしか見られなくなっています。でも、ツール・ド・フランスは国営テレビが手放さないので、そこは自転車はフランスの国技だなと感じます。ローラン・ギャロスもつい最近ユーロスポーツに半分くらい放映権を売ってしまいました。
 ツール・ド・フランスが今でもたくさん見られているのは、フランスを旅するレースなので、フランスの地方を空撮でとても美しく映し出していて、プチ旅行気分を味わえるところだと思います。レース実況だけでなく文化解説が充実していて、地域のことやグルメ、歴史をずっと紹介していますからね。

 元々サッカーも私立の学校でやるブルジョアなスポーツでした。50年代、60年代にたまたま労働者の多い町に強いチームができて、庶民のスポーツになったけれど、アフリカや南米みたいに路上でボールを蹴るようなスポーツではなかった。でも自転車は唯一、庶民のスポーツだったんですよ。誰にでも手が届くちょっとしたラグジュアリーなものが自転車。20世紀の前半までは、1家に1台自転車があるのは車を持つような宝物だから、子どもは大きくなったらいつか乗らせてもらえるかなと憧れを抱いていました。そんな自転車のレースが自分の街の近くに来てくれる。それがツール・ド・フランスです。

2.「ツール」があるフランス出身のダバディさんは、ロードレース、そしてツールをどのように楽しんでいますか?

 ツール・ド・フランスはちょうど夏休み中に行われるので、フランスの子どもたちは幼いころからなんとなく親しんでいます。ランチを食べ終わると外はまだ暑いので、大人は室内でコーヒーを飲みながら、子どもは昼寝をしながら、テレビでやっているツール・ド・フランスを見ます。ずっとそう育ったから、フランス人には浸透していると思います。ものすごく興味を持って深々と見るかというと、それは人によって違います。
 テレビの前で見ているのは日本と同じ。仕事である程度お金を得た、あまりアクティブではない世代が見ていると思います。現代の子どもは他のことで忙しいから、何時間もずっと見ていられないと思いますし、大人もずっとそれを見ているほど余裕のある人は少ないと思います。
 私もスタートからゴールまで毎日観戦することはできないので、ハイライト番組を見たり、見たいステージを1つ2つくらい、山岳ステージの面白いところだけ時間を取って見たりしています。

3.日本では軽快車(いわゆるママチャリ)に乗る人が多く、自転車競技と聞いて競輪を思い浮かべる人も多いです。ヨーロッパの自転車文化を知るダバディさんは、日本の自転車文化の特徴はどんなところだと感じますか?

 日本の方は、サッカーにしてもテニスにしても、海外に行くと「スポーツが文化になっている」と感じられるようですね。それは例えばイギリスのパブのように、見終えた後にみんなが同じ場所に集まって語り合う場所があるのも、1つの要因ではないでしょうか。東京にはそういうスポーツバーも増えてきていますが、地方ではどうでしょう。語り合う場はまだ少ないのではないでしょうか。
 日本のバッティングセンターは古いかもしれないけど、街中にあるのは良いですよね。でも、いつまでもレトロで(昭和)ロマンな場所のままにしておくのではなく、楽しく、面白くできないと残らない。もっとキレイにして楽しく野球ファンが集まれるようにしないと。
 自転車に関しては、かっこいい自転車ショップはたくさんあるし、良い自転車は安くなってきたし、スポーツバイクが好きな人がいっぱいいると思うので、風向きは良いのではないでしょうか。自転車の小説や漫画は日本的文化といえば文化ですよね。

この人に対するQ&A

    自転車のスゴイ人バックナンバー

    河西啓介さん

    河西啓介さん

    坂東晃さん

    坂東晃さん

    田代恭崇さん

    田代恭崇さん

    フローラン・ダバディさん

    フローラン・
    ダバディさん

    宮澤崇史さん

    宮澤崇史さん

    池田清子さん

    池田清子さん

    一覧はこちら

    自転車ライフをサポート「自転車Q&A

    自転車・アイテム選び

    詳細はこちらを見る

    メンテナンスの基本

    詳細はこちらを見る

    交通ルールとマナー

    詳細はこちらを見る

    レース・トレーニング

    詳細はこちらを見る

    食べもの・フィットネス

    詳細はこちらを見る

    自転車あれこれ

    詳細はこちらを見る

    楽しさいろいろ「厳選サイクリングコース

    PICK UP

    千葉・南房総をたっぷり満喫
    高速バスで行く週末自転車旅(千葉)

    温暖な気候で、海を眺めながらサイクリングが楽しめるとあって人気のサイクリングスポットとなっている千葉の南房総。

    詳細はこちらを見る

    伊豆大島の自然と歴史を満喫 チャレンジ 大島一周道路コース(東京)

    別府、大分の市街地を抜ける爽快な海岸ライド
    Cycling OITA・別府湾岸・国東半島海べの道(大分)

    3つの浅間神社と世界文化遺産・富士山の精神に出会える
    やまなしスポーツツーリズム 構成資産を巡るコース(山梨)

    一覧はこちら

    見ながら覚える「メンテナンス動画

    PICK UP

    ①チェーン周りの清掃

     スポーツ用自転車のチェーン周りは、走りを支える重要な駆動部分ですが、最も汚れやすいパーツのひとつです。

    詳細はこちらを見る

    一覧はこちら